2010年04月27日

「天使突抜」って何て読む? 秀吉が由来のユニーク地名(産経新聞)

【検定1級記者が語る京都】

 前回の太秦(うずまさ)に続いて、京都のユニーク地名を紹介する。

 下京区の西洞院松原近くの「天使突抜」。てんしつきぬけ−と読む。天使というと、西洋の宗教画によく登場する、あの羽を持った姿をほうふつとさせる。それを突き抜けるのだから、初めて聞いたとき少々オカルトっぽいことを想像してしまった。

 だが、それは大きな間違い。近くの五條天神社が別名、天使社と呼ばれていることに由来する。豊臣秀吉が天使社の鎮守の森を貫く南北道を造ったことから、天使突抜といわれるようになったという。

 ちなみに五條天神社は「天神さん」ではない。祭神は薬の神様、スクナヒコノミコト(少名彦命)。厄除けの神として知られ、2月の節分祭では国内最古といわれる宝船図が配られる。

 地名の話とは離れるが、源義経と弁慶が初めて出会ったのは五條天神社近くとする説がある。

 天神社の北端を東西に走る松原通は平安京の五条通に相当する。そして南北道の西洞院通にはかつて川が流れ、両通りの交差点には橋が架かっていた。このためか、天神社に参拝した弁慶がこの橋で…といったことが、14世紀ごろに書かれた物語「義経記」に紹介されている。

 義経と弁慶の出会いの場といえば、鴨川にかかる五條大橋と思っていただけに興味深い話だ。

 地名も由来がおもしろければ、その土地の歴史をより身近に感じることができる。そういえば、四条烏丸近くの産経新聞京都総局の所在地名が二帖半敷(にじょうはんじき)町というのもユニーク。

 五条寺という寺院を2人の弟子に分けたことからこの地名がついたという。五条を畳五帖になぞらえているところが、いかにも京都らしい。約15年前、京都に赴任したとき以来のお付き合いだが、まさか京都検定のテキストの中で再会しようとは。

 このほか京都総局のすぐ東、四条東洞院の少し南にある「元悪王子町」。素行の悪い王子が更生し、今は立派な王子に−といった話が出てきそうだが、祇園祭の起源と関係あるスサノオノミコトの荒魂を祭る悪王子社があったところ。

 今は小さなほこらが建っているのみ。興味のある人はぜひ。(園田和洋)

【関連検定:1級記者が語る京都】
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦
花簪・梅 落ち着きの中に華やぎ
信長は隠れ大文字山ファン? 「四神」に守られた都を望む船岡山
気分はもう時代劇、志士や新選組も見た「八坂ノ塔」
笑える? 落語気分で愛宕山登山
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<地震>和歌山市などで震度2(毎日新聞)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
<織田信成選手>婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
全国学力テスト浸透、大阪府は参加率96.4%(産経新聞)
赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)
posted by ソエダ カツオ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

【中医協】医療機器86件の新規保険適用などを了承(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は4月21日の総会で、1日付で医科と歯科を合わせて86件の医療機器を新たに保険適用したとの報告を厚生労働省から受け、これを了承した。このうち、新たな技術料を設定する区分C2(新機能・新技術)は4件だった。

 区分C2として保険適用が認められたのはいずれも医科で、▽胃十二指腸用ステントセットの「ウォールフレックス十二指腸用ステント」(ボストン・サイエンティフィックジャパン)▽皮下グルコース測定用電極の「メドトロニックミニメドCGMS-Gold」(日本メドトロニック)▽局所陰圧閉鎖処置用材料の「V.A.C.ATS治療システム」(ケーシーアイ)▽心臓内三次元画像構築装置の「エンサイトシステム3000S」(セント・ジュード・メディカル)―の4件。
 このほかの内訳は、医科では区分A2(特定包括)が35件、区分B(個別評価)が34件、区分C1(新機能)が1件。歯科では区分A2が5件、区分Bが7件だった。

 また高度医療の分野については、16日の先進医療専門家会議で「第3項先進医療」(高度医療)に承認された、▽再発卵巣がん、卵管がんまたは原発性腹膜がんが適応症の「パクリタキセル、カルボプラチン及びベバシズマブ併用療法並びにベバシズマブ維持療法」▽上皮性卵巣がん、卵管がんまたは腹膜原発がんが適応症の「パクリタキセル静脈内投与及びカルボプラチン腹腔内投与併用療法」―の2技術について厚労省が報告。これに対して一部の委員から、「パクリタキセルの投与方法について、これまでより日数の間隔が狭まるだけで保険適用外の高度医療になることに違和感がある」などの指摘があったものの、最終的には了承された。
 
 このほか臨床検査の新規保険適用として、いずれもヒト心臓由来脂肪酸結合蛋白(H-FABP、発症超急性期を含む急性心筋梗塞が対象)を測定するための「ラテックス凝集法」と「ラテックス免疫比濁法」の2件が了承された。


【関連記事】
高度医療2技術を承認―先進医療専門家会議
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定
【中医協】先進医療2技術と、医療機器108件の保険適用を了承
【中医協】「調査方法の工夫必要」―診療報酬改定結果検証部会
来年度継続の先進医療、施設基準を見直しへ

嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)
無登録で未公開株販売 経営コンサル会社元社長ら逮捕 17億円売り上げ(産経新聞)
宮崎の牛、口蹄疫疑い2例目(産経新聞)
【視点】水俣病 第2の政治決着で前進(産経新聞)
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡−新潟県警(時事通信)
posted by ソエダ カツオ at 00:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)

 企画会社「ホームオブハート」(栃木県那須町)の自己啓発セミナーで不当に多額の参加費を支払わされたとして、同社側に賠償を求めて提訴していた元参加者2人の弁護士が14日会見し、東京地裁(大段亨裁判長)で和解が成立したことを明らかにした。和解条件に沿って他の7件の同種訴訟も訴えが取り下げられ、同社を巡り係争中の訴訟はすべて終了した。

 原告側の紀藤正樹弁護士によると、和解は3月9日付。和解条件は▽同社側が実際の損害に慰謝料などを上乗せした額を原告側に支払う▽同社側が紀藤弁護士らを訴えた訴訟を取り下げる−−など。

 同社側が2月に和解を打診してきたといい、紀藤弁護士についての第二東京弁護士会への懲戒請求2件も取り下げられた。【和田武士】

【関連ニュース】
名誉棄損:報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁
S・セガールさん:女性からセクハラで提訴 作り話と反論
沖縄返還文書訴訟:日米密約認め、国に開示命令 東京地裁
大阪地裁:小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で
性同一性障害:手術ミスで和解 説明の不備認める

裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)
井上ひさしさん密葬 「残念」「遺志継ぐ」(産経新聞)
<東寺>「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
熊本県知事が水俣病未認定患者救済で謝意(産経新聞)
仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」(産経新聞)
posted by ソエダ カツオ at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。